日本リ・デコアート
建築塗装革命
建築塗装のイノベーションを目指します
建築塗装革命
リサイクル可能な建築塗装

製品

着脱できる塗材パネル・シート乾式工法

製造・施工が簡単

プレ塗装(塗装工場内)による着脱できる塗膜完成したパネル・シートを現場にて貼りつけ完了する乾式工法を取り入れた仕上げ塗材である。

現場施工の概要ですが、下地調整やボードの目地等のパテ処理が不要で、養生作業も必要ない。下地側にフックの設けたロール巻きのテープを貼りつける又は、各種板状のフックの設けた2種類を用途に応じて固定部材を取り付け配置し、塗装完成した塗膜基材を貼り合わせ完了する現場作業を削減した。

振動分散目地処理テープ

製造・施工が簡単

(1)建物を長期保全するために必要な制震機能を付加した従来のファイバーテープに代わる次世代のボード繋ぎ目地処理テープです。

(2)仕上げに用いるパテ材はバテメーカーの既存の材料を使用でき従来と変わりなく作業ができる。

(3)目地中心以外の2か所で係合を用いて振動を吸収し目地部とパテが直接接していないため動きを分散し仕上げ表面にひび割れが発生しません。

ビジョン

1・実現可能な事例として、天井や壁などの大面積をプレ塗装(工場内で熟練工に代わり塗装ロボットが行う事はすでに進んでいる)による塗膜完成したものを現場にて乾式工法化すれば、乾燥期間や工程など手間のかかるボードのパテ処理や下地調整の必要がなく生産性が向上、現場作業を減らし短工期で完成します。将来的にはそれらに伴う着脱をロボットが行う事が主流になると考えられ、すでにアタッチメントを変えるだけで天井・壁・床などに対応していることから今後さらに進化するものと思われる。

2・建築塗装のプレ化は、現場施工上の課題を解決し現場職人の負担を軽減するものであり、他業種の様々なプレを用いた構法や湿式から乾式工法が現在の建設現場の主流になっている事から証明されている。また、着脱できる仕上げ塗材の特徴を活かし賃貸物件やDIYに対応した塗装の強みでもある塗り替えを想定した事業展開も可能である。
3・特殊塗装の分野においても職人の代わりにインクジェットプリンターが行うことにより塗り重ねする多工程を削減し着脱できるパネル・シートに転写装飾が可能になる。

内装分野について

内装市場において塗装のイメージを改善

4・外壁でも耐震性やひび割れの技術開発がされているように今後は建物のストック長寿命化に伴い、造るから直し残すという意味では非構造材の仕上げに関して耐震化やメンテナンスのしやすい内壁点検と同時に道ずれ工事の伴わない部材の交換ができる塗装仕上げになると思います。

着脱できる塗材パネル・シート乾式工法
ビジネスパートナー企業募集
日本リ・デコアートでは、スタートアップによる建築塗装のイノベーションを図るため、2つの特許技術を商業施設やゼネコン・設計事務所などのエンドユーザーに普及のための提案及び施工や製造ができるビジネスパートナーを募集しています。

まずは資料を見てみたいという方

まずは質問をしてみたいという方